Vikanの特徴

ホームVikanの特徴ヴァイカンハイジーン

ヴァイカンハイジーン

ヴァイカンのハイジーン製品は食品工場などの徹底した衛生管理が求められる場所において、クリーニングツールの色分け(カラーコーディング)を明確にすることで交差汚染を防止する事を目的としています。
ハイジーン・カラーコーディングを取り入れることは、アレルゲン対策や微生物による汚染、商品への異物混入のリスクを減らします。
また多額のリコールやユーザーからの好ましくない評価から会社を守る事にも繋がります。
食品の品質と安全性を向上させましょう。

コンセプト

  • 8色のカラーバリエーションを
    用意しており、色の識別が可能です。
  • 清掃区域や調理する食材毎に
    色分けし、洗浄区域を明確に
    することができます。
  • ヴァイカンツールはISO承認の工場で
    生産されています。
  • 人間工学に基づく設計により、
    握りやすく作業しやすい大きさです。
  • 作業効率がよく、長時間の作業でも
    疲れにくい構造です。
  • ボディには気泡が含まれていない
    無垢のポリプロピレンを使用しています。
  • 頑丈で破損などによる異物混入を
    軽減できます。
  • 吸水性が低く、優れた耐熱性・
    耐薬品性を備えているため衛生的です。

ヴァイカンブラシの特徴

ボディ構造

ブラシボディは気泡が含まれていない無垢のポリプロピレンを使用しているため頑丈で、破損などによる異物混入のリスクを減らすことができます。フィラメントは、ステンレススチールの金具でしっかりと留める事により抜けにくい構造になっているため、異物混入の危険性を軽減します。
また、フィラメントの素材であるポリエステルは水分の吸収率が低く水切れが早いので、バクテリアの繁殖を防ぎ、衛生的です。

ボディ構造 ハンドブラシ

耐熱・耐薬品性

耐熱温度は121度と高く、煮沸消毒が行えます。酸・アルカリ・油にも強いため、使用する場所を選びません。

耐熱品性 例ヴァイカンブラシ

HACCPとは

食品製造工程の中では微生物汚染等の危害が発生する恐れがあります。この危害要因をあらかじめ分析・予測し(Hazard Analysis)、安全な製品を製造する為の重要管理点(Critical Control Point)として監視することによって製品の安全を確保する衛生管理システムです。

カラーコーディング

部署ごとで色分け

ヴァイカンツールは高度な品質管理を求めるユーザーの要望に対して、使用する用途・場所に合わせたクリーニングツールを提供するとともに、工場内のカラーコーディングの提案を致します。作業工程ごとに洗浄区分を色分けする事によりクリーニングツールの管理が明確化され、二次感染の防止に繋がります。

部署ごとで色分け

使用後のツールを別のエリアへ持ち出すことは感染の拡大のリスクが増大しますので清掃区分ごとにヴァイカンブラケットをとりつけることをお奨めします。
ヴァイカンブラケットを使用することによりブラシの水切れが早くなりバクテリアの繁殖を防ぎます。
また、使用後の濡れたブラシを床の上や作業台の上などにおくことは大変不衛生であり、フィラメントが曲がる原因にもつながります。
ブラケットの導入で衛生管理とブラシの耐久性を向上させることができます。

その他にもこんな実践方法が アレルゲン対策に 製造品群ごとに 交換時期ごとに