Vikanについて

ホームVikanについてハイジーン・カラーコーディング

ハイジーン・カラーコーディング

消費者の安全に対する意識が高まっている現在、食品業界ではいかに安全性を確保しハイクオリティな商品を供給するかが課題となっています。そのためアメリカのNASAで食品の安全衛生の保障を目的として開発されたHACCP※に関心をもち、導入する企業も増えています。HACCPは作業工程のすべてにおいて危害分析を行い、工場内で使用する設備・資材にいたるまで、徹底した衛生管理が要求されます。
ヴァイカンツールは、お客様のニーズにあった商品、HACCP対応のカラーコーディングのご提案をさせていただきます。
※ HACCP:hazard analysis critical control point = 危害分析重要管理点

特徴

ISO9001承認

ヴァイカンツールはISO承認の工場で生産されています。

HACCP対応

5色のカラーバリエーションを用意していますので、清掃区域や調理する食材毎に色分けし、洗浄区域を明確にすることができます。

エルゴノミック(人間工学)

ヴァイカンツールは人間工学に基づいて設計されています。握り易く作業し易い大きさに計算されていますので、作業効率がよく、長時間の作業でも疲れにくくできています。

優れた耐久性と衛生性

ブラシボディはソリッドタイプのポリプロピレンを使用しているため頑丈で破損などによる異物混入の危険性を軽減できます。
フィラメントはポリエステルをステンレススチールの金具でしっかりと留めていますので、抜けにくい構造になっています。
ポリエステルは水分の吸収率が低く、水切れが早いのでバクテリアの繁殖を防ぎ衛生的です。
耐熱温度は121度、酸・アルカリ・油にも強く使用する場所を選びません。

概要

食品工場など徹底した衛生管理が求められる場所で発生する恐れのある細菌の移動による感染の防止が目的です。作業工程ごとに洗浄区分を決めクリーニングツールの色分けによって明確化することで、二次感染の防止に役立ちます。

提案

ヴァイカン社では、高度な品質管理を求めるユーザーの要望に対して使用する用途・場所に合わせたクリーニングツールを提供するとともに工場内のカラーコーディングのレイアウトのご提案をします。

実践のために

使用後のツールを別のエリアへ持ち出すことは感染の拡大のリスクが増大しますので清掃区分ごとにヴァイカンブラケットをとりつけることをお奨めします。
ヴァイカンブラケットを使用することによりブラシの水切れが早くなりバクテリアの繁殖を防ぎます。また、使用後の濡れたブラシを床の上や作業台の上などにおくことは大変不衛生であり、フィラメントが曲がる原因にもつながります。ブラケットの導入で衛生管理とブラシの耐久性を向上させることができます。

HACCP対応モデル工場